読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュニケーションBLOG

人間関係を楽にしてみませんか?

ハンドルネームでブログのアクセスが増えるの?

ブログの運営

 

f:id:flowcare:20161017162951p:plain

ブログに限らずSNSには「ハンドルネーム」がつきもの。これを本名にするか、ニックネームにするかで、果たしてブログの人気やアクセスアップに影響するのかしら。

 

子ども達だけでなく大人にも人気の「アンパンマン」を知らない人はいないでしょう。では、この「アンパンマン」という名前が、どうして子ども達に受けるの?

それには、ちゃんと理由があるのです。そこにハンドルネームのヒントが隠されているのでしょうか。

 

アンパンマン」の秘密は赤ちゃんの言葉の発達

 「アンパンマン」という発音は、1歳前後の赤ちゃんでも言える言葉になっています。

  • 」母音(ぼいん):赤ちゃんが最初に発音できる音
  • 」「マ」両唇音(りょうしんおん):m、p、bで作られる子音(しいん)
  • 」撥音(はつおん)

これらの音でできた言葉は、早ければ生後6ヵ月くらいの赤ちゃんから言えるようになってきます。

 

赤ちゃんが最初に発する言葉は「ンマンマ」が多いと言われています。この言葉から「ママ」や「マンマ」(ご飯)という言葉が言えるようになってきます。

だから「アンパンマン」は、赤ちゃんというターゲットにぴったりマッチした名前なんですね。

 

アンパンマンのアニメやキャラクターグッズなどを知らなくても「アンパンマン」という言葉の響きを覚えて口にする機会が増えます。

独特のキャラクターを見て更に印象が強まり、アニメを何度も見ることで自然にアンパンマンが大好きになっていくのでしょう。

  • 言いやすい
  • 覚えやすい
  • 頻繁に見たり言ったりする

赤ちゃんの成長に合ったこの3点が「アンパンマン」の人気の秘密です。

 

鉄腕アトム」(てつ

鉄人28号」(てつ28ご

仮面ライダー」(かだー)

ウルトラマン」(るとら

これらの名前も、言いやすい、覚えやすい名前になっています。特に「ン」がつくと、発音のテンポとリズムがよくなって更に印象が強まるように思います。

 

では、読者にとって「言いやすい」「覚えやすい」ハンドルネームにしたら、親近感を持って「何度も訪問」してもらえるようになるのでしょうか?

 

ハンドルネームとブログの人気との関係

100万PV以上のパワーブロガーをみると、個性的なハンドルネームが多いことがわかります。

一般的にハンドルネームを考えるポイントは、次のように言われています。

  1. 覚えやすい(インパクトがあって長すぎず言いやすい)
  2. 検索したらブログが出る(似たもの、同じものがないこと)
  3. 人前で名乗っても恥ずかしくない
  4. キーボードで入力しやすい(英字や顔文字は避ける)
  5. 信用につながる名前

しかし、実際の人気ブログをみてみると、そもそも名前やプロフィールがなかったり、アルファベットで書かれていたりします。普通に姓名を名乗っているものもあります。ブログ名がハンドルネームを兼ねているものもあります。「こんなハンドルネームがいいな」っていう共通点がまったくない(笑)実に個性的。

  1. 位:415万PV(gori.me)ひたすら上を目指すのみ!gori.me、単月PV数が415万PVを突破! | gori.me(ゴリミー)
  2. 位:200PV(ちきりん)「Chikirinの日記」 月間 200万PV 時代へ! - Chikirinの日記
  3. 位:150万PV(イケダハヤト)月間150万PVを突破しました:ブログのアクセスを伸ばす考え方を教えます : まだ東京で消耗してるの?
  4. 位:130万PV(?)月間130万PVを達成して色々と考えたアクセスを増やすためのブログ運営のあれこれ | 男子ハック
  5. 位:100万PV(松本博樹)3年9ヶ月目で月間100万PV以上達成!記事の書き方・改善施策のやり方・SEOの考え方を一挙公開 - ノマド的節約術ブログ
  6. 位:100万PV(ヨス)ついに月間100万PV達成! 3年間のPVの推移は「note」で公開しているよ♪ | ヨッセンス
  7. 位:100万PV(無名のフリーランサーWordPressブログで月間100万PV達成する為の設定・記事の書き方|WordCamp Tokyo 2015
  8. 位:180万PV(でじねこ?)ブログアクセスアップの方法。月間100万PV達成
  9. 位:100万PV(HIDETAKA HORIGUCHI)1年と3ヶ月で月間100万PVを達成した僕の”超”具体的なブログ運営方法。
  10. 位:100万PV(大森篤志)【当ブログ月間100万PV超えを達成!】感謝。この1年半を振り返る

 参考記事は、こちら↓ 2016年2月16日投稿

woman.bp-labo.com

結局、「アンパンマン」的なハンドルネームは「ちきり」さん1人だけでした~。同じものや似たようなものがないのは確かです。

 

ということは、人気のモトは「記事」の中身ということになるでしょう。「コンテンツの質」っていうやつですね。

また、記事数の多さと、毎日の更新が強く推奨されていますが、100万PVを超える人気ブログの中には、たった225記事で100万PV超えを達成したブログもあります。

このことからも、単純に数さえ多ければいいという法則は成り立たないことになりますね~。

 

まとめ

ぶっちゃけ、ハンドルネームが直接ブログのアクセスを上げるなんて、普通じゃあり得ない!

気になるキーワード、一瞬意味が分からないハテナワード、好きな言葉、言いやすい名前、覚えやすい名前、DQネーム、などなど。面白いハンドルネームなら、興味を持ってもらえるキッカケにはなります。ブログの内容を反映しているハンドルネームであれば、検索でヒットしたり、見かけたときに訪問する気持ちになるでしょう。

 

けれど一度ブログを読んで、その中身にガッカリしたら、二度と来てはもらえません。

いくらハンドルネームで読者を釣っても、ファンにはなってもらえない。それが現実。

ハンドルネームに願掛けするくらいなら、ちゃんとブログを書きましょうね~。

 

りょうこのつぶやきでした。

では、ごきげんよう。