読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュニケーションBLOG

人間関係を楽にしてみませんか?

いじめの解決と防止策4 【警察の介入】

いじめ

 

膝を抱えてうつむいている少年の写真

いじめが精神的な嫌がらせで済まずに刑事上の犯罪が行われたときには、迷わず警察へ被害届を出しましょう。消極的な学校の対応を待たずに、警察へ通報すると迅速に解決できる問題があります。実行犯や関連する者たちも明白になります。

いじめではなく犯罪

  1. 殴ったり蹴ったり危害を加える(暴行罪:懲役2年以下)
  2. 怪我を負わせる(傷害罪:懲役15年以下)
  3. お金を奪う(恐喝罪:懲役10年以下)
  4. カバンや教科書、ノート等を汚したり壊す(器物破損罪:懲役3年以下)

これらは立派な犯罪です。「いじめ」というオブラートで曖昧にせず、毅然とした態度で警察に被害届を出しましょう。

  • 非行を強要する(万引きなど)
  • 死ねと自殺を強要する
  • インターネットやSNSで誹謗中傷する

これらも、警察に相談することができます。

証拠が大切

警察に刑事告訴する際には、はっきりとした証拠を提示しなければなりません。打撲やケガなどは写真を撮り、できるだけ病院(整形外科など)を受診して診断書をもらっておきましょう。汚された文房具や壊されたものは、捨てずに保管しておきます。

暴行や強要の現場をICレコーダーなどで録音や録画しておくことも、有効な証拠となります。

日常的に繰り返される嫌がらせも、毎日克明に記録することが重要です。

  • いつ
  • 誰が
  • どこで
  • 何を
  • やったか(言ったか)
  • そのことでどう傷ついたか(気持ち、感じたこと)
  • それに対する自分の行動(落ち込んだ、泣いた、眠れないなど)

 辛い体験を反芻することになりますが、何日間か期間を決めて子どもと協力して証拠を集めましょう。これらの証拠は、学校と話し合う際にもとても重要なものです。

刑事責任を問われない14歳未満の児童の場合は

14歳未満の少年は刑事責任が問われないので、児童相談所へ通告します。障害・暴行・恐喝・器物破損以外にも、名誉棄損侮辱などが「非行」として通告できます。「キモイ」「死ね」などの暴言も通告できます。

通告を受けた児童相談所は、加害児童とその背景(環境)などを詳しく調査します。

  • 福祉的措置
  • 家庭裁判所への送致

 調査の結果に応じて、福祉的措置(加害児童と父母への訓戒、児童福祉施設への入所など)の他に、家庭裁判所での審判が必要と判断されると家裁送致されます。

家庭裁判所では、一般的な少年事件と同様に、家庭裁判所調査官に寄る調査が行われます。児童自立支援施設への送致や少年院送致などの保護処分が下されるでしょう。

news.livedoor.com

 泣き寝入りはしない

 子どもがいじめられている事実を察知したら、可能な範囲で証拠を集めます。それができないほどダメージを受けていたら、まず学校を休ませて安全を確保することを優先します。

学校の対応もダメ、警察も逃げ腰、児童相談所もあてにならない、そんな状況は絶対に起きてはならないと思います。しかし、真剣にいじめをなくす努力がなされなかった場合にどうしますか?

マスコミに通報します。

まず新聞社情報提供してみませんか。きちんとした証拠を添えて文書で情報提供します。提供した情報は複写を保管しておきましょう。1社で反応がなければ、他社へも同様に情報提供します。新聞がダメならテレビ局でもいいでしょう。

ameblo.jp この記事が、わたしが「いじめ」の記事を書こうと決意したきっかけです。

マスコミが騒ぐことで世論が動きます。そうなると、学校や教育委員会も何もしない訳にはいかなくなります。子どもが死んでからでは遅いのです。大きな心の傷を負って心的外傷(PTSD)で人生を狂わせる前に解決しなくては。 

教室の悪魔という本の表紙で携帯電話を持っている手のイラスト

教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために ポプラ文庫

東京都児童相談センター心理司 山脇由貴子

 ISBN978-4-591-11107-9

  1.  【気づく】いじめの解決と防止策 【1.気づく】チェックリスト付き - コミュニケーションBLOG
  2. 【緊急避難】いじめの解決と防止策2 【緊急避難】急いで安全確保 - コミュニケーションBLOG
  3. 【学校との話し合い】いじめの解決と防止策3 【学校との話し合い】 - コミュニケーションBLOG
  4. 【警察の介入】
  5. 【加害者との関係】←明日はここです
  6. 【いじめの実態】
  7. 【いじめ解決の実践ルール】
  8. 【心のケア】

 ありがとうございます。 

 

りょうこのつぶやきでした。

では、ごきげんよう。

画像元:学校のイジメが「事件」として扱われない理由 | シェアしたくなる法律相談所