コミュニケーションBLOG

人間関係を楽にしてみませんか?

いじめ

いじめの解決と防止策8 【心のケア】

いじめられた子どもの心は、ひどく傷ついています。生きる気力も失うほどの真っ暗闇の世界。何の希望も見いだせず、ただひたすら耐えるだけの苦痛な毎日。PTSD(心的外傷後ストレス障害)という病名がついて、専門家の治療が必要な状況もあります。その傷つ…

いじめの解決と防止策7 【いじめ解決の実践ルール】

いじめの特徴や解決方法について詳しく書いてきました。まとめてもう一度全体を振り返ってみましょう。ポイントは大きく分けて次の3つです。 いじめに気づく いじめられている子どもを守る いじめをなくす いじめに気づく いじめられている子どもが必死に隠…

いじめの解決と防止策6 【いじめの実態】

わたしの娘が受けたいじめは、クラス全員からの無視、給食を配ってもらえずお昼抜き、白いパーカーをハサミで切られる、教科書やノートへの落書き、ク―ピーペンシルを全部折られる、消しゴムや鉛筆キャップを頻繁に盗まれる、言葉による容姿の非難「タラコ(…

いじめの解決と防止策5 【加害者との関係】

いじめの加害者を特定するのは難しい。真の首謀者は、絶対に表には顔を出さないのだ。巧妙に誘導して自分は知らん顔をしている。実行犯は、単なるパシリ的な存在だったりする。そして、現代のいじめの犯人は特定の個人ではなく「被害者以外の全員が加害者」…

いじめの解決と防止策4 【警察の介入】

いじめが精神的な嫌がらせで済まずに刑事上の犯罪が行われたときには、迷わず警察へ被害届を出しましょう。消極的な学校の対応を待たずに、警察へ通報すると迅速に解決できる問題があります。実行犯や関連する者たちも明白になります。 いじめではなく犯罪 …

いじめの解決と防止策3 【学校との話し合い】

学校との話し合いは単なる「相談」ではなくて、「いじめ」の事実を伝える場です。そして、いじめの解決を学校にゆだねてはいけません。いじめの問題は、学校だけでは解決できないからです。学校と親、保護者全体で取り組むべきものです。加害者の親が事実を…

いじめの解決と防止策2 【緊急避難】急いで安全確保

子どもがいじめられて苦しんでいたら、迷わず学校を休ませましょう。その後どうするかは、まず子どものからだと心の安全を確保してからゆっくり考えればいいのです。理不尽な地獄に身を置かなければならない理由は、どこにもありません。いじめられる子に非…

いじめの解決と防止策 【1.気づく】チェックリスト付き

「いじめ」は、子どもも大人も誰もが少なからず被害者、加害者、傍観者になった経験があるのではないでしょうか。「自殺」しないと社会に取り上げられないのは悲しいこと。一口に「いじめ」といっても、その実態は実に様々です。 しかし、その中に共通するポ…